Schleifringe der LTN Servotechnik GmbH

ADSR - 診断システム付きスリップリング

ADSR - 診断システム付きスリップリング

ADSRは、スリップリングに内蔵された診断システムで、スリップリングの状態を遠隔監視できます。これにより、スリップリングの保守計画が立てやすくなります。

スリップリングのハウジングに組み込まれたADSR診断システムは、スリップリングシステムの主要パラメータを常時監視し、故障の可能性を予測します。

異常が検出されると、中央制御装置が警告信号を受信。プラント事業者は、運転を止めずに振動、電圧レベル、電流レベル、回転数(オプションで内部、外部の湿度および温度)に関する情報を得ることができます。運転データを分析することで、スリップリングの残存耐用期間を、時間と回転数の両方において予測することができます。

主要パラメータのチェックで状態をモニタリング

診断システムが発する警告は、信号ケーブル経由で送信されるとともに、スリップリングのハウジングにもLEDで直接表示されます。また、現在の測定値とアラーム履歴は、ネットワークインターフェースを介してブラウザでも閲覧することができ、ADSR®システムとSCADAシステムは、SNMP(TCP/IP)を介して接続可能です。(OPC-UAの場合は応相談)

  • 温度(内部、外部)
  • 湿度(内部、外部)
  • 振動(軸方向/垂直/水平)
  • 4つの電力回路の電流と電圧
  • ノイズ
  • 絶対回転数
  • 回転数

ADSRデータシートをダウンロード